本文へスキップ

引越しはコンパクト


私が大学に進学した時、アパートを借りて一人暮らしを始めました。アパートを借りるので当然引越をします。引越業者を使わず、自家用車で荷物を運びました。実家から車で2時間半の距離で3,4往復して運んだ記憶があります。運んだ中で特に重かったのは冷蔵庫です。1人では持てないので父と私で運びました。後の必要な物は現地調達しました。初めての引越作業は大変だと感じましたが、本当に大変なのはアパートを引き払う時でした。
大阪市内の引越しについて知りたい!→引越し 大阪市内
それまでの大学生活で様々な物を購入していたので運ぶ物がいっぱいありました。中にはスポーツ器具などの重たい物もあり、その時は必要だと購入したのですがよくよく考えると不必要なものばかりです。前にテレビで海外旅行に慣れた方を見たのですが、その方は荷物をそれほど持たずにバッグ一つで、本当に必要な物しか持っていかないのです。今から考えると本当に必要な物、どうしても欲しい物はよくよく考えて購入することが大事だと思います。例えば本を買うときは紙ではなく電子書籍で購入する等、コンパクトにしていくことが必要になってくると思います。お金持ちの部屋はスッキリしていると聞きます。それはコンパクトにすることで掃除がしやすいということと節約上手の証左だと思います。引越も同じで自分に必要な物をきちんと選別して行動する。思考の空きをつくるコンパクトな考え方が大事ではないでしょうか。