本文へスキップ

ヒヤッとした経験


私は以前自力で引越しをした時に、とてもヒヤッとするような経験をしたことがあります。
それはトラックで荷物を移動させていた時のことで、なんと荷台から木製のテーブルが落下してしまったのです。この時は自力の引越しだったため、コンテナや幌などのついていない普通の軽トラックをレンタカーで借りて自分たちで荷物を運んでいたのですが、しっかりと荷台に荷物を固定できていなかったのか、トラックで一般道を走っている最中にその荷物を落としてしまったのです。
この時私はトラックの助手席に乗っていて主人が運転をしていたのですが、背後で突然「バンッ」と大きな音がし、慌ててトラックを止めて見てみるとテーブルが荷台から落ち、壊れていました。
ただ幸いなことに後続車はおらず、周囲にも他に車は走っていなかったため、落ちたテーブルを回収し事なきを得ました。もしこれが後続車がいたら大事故に繋がっていたかも知れず、それを考えると今さらながらゾッとします。
その時も主人とよく周囲に車がいなかったものだと話をし、ホッと胸をなでおろした覚えがあります。
一応トラックはスピードを出さずゆっくりと走っていたのですが、やはりそこは素人のやることで、荷物の固定が甘かったのだと思います。
そうしてこれに懲りて今後もし引越しをすることがあれば、間違いなく業者に頼むことと思います。