本文へスキップ

友人に手伝いを

私の友人が自宅に遊びに来たのです。その時にお酒を沢山飲ませてご馳走も出しました。その理由は、来月に私の引越しを予定しているのを手伝って欲しかったからです。そのあたりの話をしてみたら、快く引き受けてくれたのです。

ただ、もう一人手伝って欲しい人がいたのですが、引越しの前日までに連絡が来なかったので諦めていました。そして、引越しの当日に二人で作業を始めたのですが、トラックを手配する為に、私がちょっとアパートを出ている間に、もう一人の友人が手伝いに来てくれていました。

これにはかなり嬉しかったのですが、話をしている時間ももったいないので、淡々と作業をして早めに車の中に積み込んだのです。トラックは私が運転するとして、友人達は狭い車の中に並んで座ってもらいました。

引越し先に到着して、手早く荷物を下ろしていたら、下ろす作業はわずか30分程度で終わってしまいました。その後は部屋のレイアウトなどを決めて並べていく作業になりますが、その部分は私一人でも大丈夫なので、友人達の作業はここまでとしたのです。

そのまま書いてもらうのも何だったので、近くの焼き鳥屋さんに行って、美味しそうな食べ物をご馳走しました。これでどうにか私の引越しは1段落したのです